飯碗 茶巻十草

日本での磁器発祥の地である有田で製作した飯碗です。

「十草」とは「木賊(とくさ)科トクサ属のシダ植物」をモチーフにした柄のことです。錆釉を施した後、鉄筆で中心から縁に向かって一本一本釉を削り、模様を描いています。熟練した職人の手仕事によって描かれる模様は、手作りならではの表情があります。

小ぶりなサイズで、日常使いの飯碗として最適です。

※写真は実際の商品の色とは異なる場合があります。

詳細

直径12cm×高さ6cm
素材 磁器
産地 佐賀県有田
3,300円(税込)

購入する