陶器の飯碗

シンプルなかたちの飯碗を、伝統的な色の釉薬を用いて仕上げました。

小ぶりなサイズで、日常使いの飯碗として最適です。

釉薬や焼成の異なる8種をご用意しました。

※写真は実際の商品の色とは異なる場合があります。

詳細

直径12cm×高さ6cm
素材 陶器
産地 佐賀県有田
2,750円(税込)

辰砂

透明な基礎釉に少量の銅を入れ、還元焼成によって赤色に発色させる釉薬です。

織部

灰釉に銅を混ぜて作られる釉薬です。千利休の高弟であった古田織部がこの濃緑色を好み、作らせたことが名前の由来となっています。

飴釉

透明釉に鉄またはマンガンを少量加え酸化焼成で焼くことにより、文字どおり褐色の飴のような艶のある色になります。

青磁

釉薬中に含まれる少量の鉄分が還元焼成によって反応し、青色に発色します。その歴史は非常に古く、遅くとも10世紀初めには使われていたといわれています。

粉引

「粉吹き」ともいわれ、粉を引いた(吹いた)ように白いことが名前の由来となっています。白磁の白さとは異なり、陶器ならではのやわらかさを持っています。また、焼成時に釉薬の間に入った空気が反応し、ところどころが薄いピンク色に発色します。

灰釉

草木の灰を主成分とした釉薬です。東洋陶磁器の歴史において基本的な釉薬の一つです。

赤土焼き〆

紅桜という土を使用し、低温の酸化焼成によって赤色に発色します。 釉薬を用いない「焼き〆」という技法で仕上げました。

黒陶焼き〆

信楽の土を使用して黒色に着色した後、還元焼成で焼き上げています。 釉薬を用いない「焼き〆」という技法で仕上げました。

購入する