硝子の吉野絵 片口

硝子の片口です。

特殊な漆を利用し、硝子に唐草模様を描きました。

繊細な模様を途切れることなく硝子に描くためには、その技術だけでなく、 職人独自の漆の調合、また現在では希少になっている筆など、様々な条件を要します。

一つ一つの形状や色味、大きさが異なります。それぞれの色の濃淡や形状の歪みをお愉しみください。

注器だけでなく、盛り皿などとして幅広くご利用いただけます。

※漆は焼き付けという特殊技術でコーティングされているため剥がれにくいですが、非常に繊細な商品のため、取り扱いには十分ご注意ください。

※耐熱ではないため、熱いものを入れることは避けてください。

※商品写真は実際の商品の色とは異なる場合があります。

詳細

横12cm×横16cm×高さ6cm
素材 硝子
産地 硝子 長野県上伊那 / 蒔絵 福井県鯖江
33,000円(税込)

購入する